北神戸シルバーバーチ読書会 学習記録

北神戸シルバーバーチ読書会 学習のまとめ

2019年7月読書会 学習内容

今月のシルバーバーチのことば

もしもその〝偶発事故〟という用語が、因果律のリズムの範囲外でたまたま発生したという意味でしたら、私はそういう用語は使いたくありません。事故にも、それに先立つ何らかの原因があって生じているのです。原因と結果とを切り離して考えてはなりません。圧倒的多数の人間の地上生活の寿命は、あらかじめ分かっております。ということは、予定されている、ないしは運命づけられている、ということです。同時に、自由意志によってその〝死期〟を延ばすことができるケースも沢山あります。そうした複雑な要素の絡み合いの中で人生が営まれているのですが、基本的には自然の摂理によって規制されております。 『シルバーバーチ  新たなる啓示20頁』

<学習内容>シルバーバーチの霊訓(6)6章 婚約者を不慮の事故で失って

<学習のポイント>
ここ最近、次から次へと悲惨な事故や事件が起こっている現状を踏まえ、シルバーバーチの霊訓から、宿命と自由意志、運命とカルマを取り上げました。シルバーバーチは「 死は大部分の人にとって悲劇ではありません。しばらく調整の期間が必要な場合がありますが、ともかくも死は解放をもたらします。死は地上生活が霊に課していた束縛の終わりを意味します。 霊訓8(潮文社)71頁」と述べています。この霊的教訓を軸に、シルバーバーチの該当箇所を霊界の目線で理解しようと務め、惨事の背後にある大自然の摂理についての学びを深めました。

*地上生活における、あらゆる悲劇的な出来事も、永遠の尺度で見るとごく短い一時期にしか過ぎない。
*人生に偶然も、偶然の一致も、偶発事故もない。すべてが不変の自然法則によって支配されている。
因果律による法則は絶対であるが、人には自由意志があり、その行使が因果律の法則の中に別の要因をもたらす。
*知識を増やし霊格を高めることによって、霊的法則を理解することができ、自由意志で人生を霊的に良い方向へ規制することができる。

上記が学習内容のポイントです。(参加者5名)

 次回読書会のお知らせ (8月はお休み)
9月20日 (金) 10:00~12:00
神戸市北区民センター 本館4階和室
参加をご希望される方はメールにてお知らせ下さい。
問い合わせ用メールアドレス chiririn9683@gmail.com

peraichi.com

 

2019年6月読書会 学習内容

今月のシルバーバーチのことば

愛の最高の表現は己れを思わず、報酬を求めず、温かさすら伴わずに、全てのものを愛することができることです。その段階に至った時は神の働きと同じです。なぜなら自我を完全に滅却しているからです。愛は人のために尽くし、人を支え、人を慰めんと欲します。愛は慈悲、同情、親切、優しさとなって表現されます。愛はまた、滅私と犠牲の行為となって表われます。 『シルバーバーチの霊訓(1)146頁』

<学習内容>シルバーバーチの霊訓(1)第8章 愛の力

<学習のポイント>
今回のテーマは、肉体を持つ私たちにとって 真の理解が難しい「愛」について取り上げました。いつもは様々な霊たち(私たちはギャラリーと呼んでいます)を背に会を進めるのですが、霊的な愛に関心がないのかすぐに退散、霊界からの援助を受け、僅かにでも理解を深めようと模索する勉強会となりました。シルバーバーチは「愛の真の意義を悟るのは霊の世界へ来てからです。なぜなら愛の本質は霊的なものだからです。愛は魂と魂、精神と精神とを結びつけるものです。宇宙の大霊の顕現なのです。互いが互いのために尽くす上で必要ないかなる犠牲をも払わんとする欲求です。邪なるもの、害なるものを知りません。愛は己れのためには何も求めないのです。霊訓1(潮文社)49頁」と述べています。この難解な霊的教訓を軸に、シルバーバーチの該当箇所を抜粋しながら、霊的な愛についての学習を深めていきました。
*愛とは慈悲、同情、親切、優しさの表現であるが、さらに高い霊性においては滅私と犠牲の行為となって表れる。
*愛の最高の表現とは神の働きと同じ、自我の完全なる滅却。
*宇宙に存在を与えたのは神の愛であり、愛は宇宙最大の絆。
*愛は生命と同じく不滅である。
*人間は神の分霊であるがゆえに、愛することで動物の進化を促進させる。

上記が学習内容のポイントです。(参加者3名)

次回読書会のお知らせ
7月19日 (金) 10:00~12:00 
神戸市北区民センター 本館4階和室
参加をご希望される方はメールにてお知らせ下さい。
問い合わせ用メールアドレス chiririn9683@gmail.com

peraichi.com

 

 

2019年5月読書会 学習内容

今月のシルバーバーチのことば

 「御利益信心は利己的な要求ですから、これを祈りとよぶわけにはいきません。ああしてほしい、こうしてほしい。カネがほしい、家がほしい──こうした物的欲望には霊界の神霊はまるで関心がありません。 そんな要求を聞いてあげても、当人の霊性の開発、精神的成長にとってなんのプラスにもならないからです。一方、魂のやむにやまれぬ叫び、霊的活動としての祈り、暗闇に光を求める必死の祈り、万物の背後に控える霊性との融合を求める祈り・・・そうした祈りには魂の内省があります。 つまり自己の不完全さと欠点を自覚するが故に、必死に父なる神の加護を求めます。 その時の魂の状態そのものがすでに神の救いの手を受け入れる態勢となっているのです。ただ、これまでも何度か述べたことがありますが、そうした祈りをあえて無視して、その状態のまま放っておくことが実はその祈りに対する最高の回答である場合がよくあります。 こちらからあれこれと手段を講じることがかえって当人にとってプラスにならないという判断があるのです。しかし魂の奥底からの要求、より多くの知識、より深い悟り、より強い力を求める魂の願望は、自動的に満たされるものです。」 『シルバーバーチの霊訓(1)170頁』

 <学習内容> シルバーバーチの教え(上)第7章 正しい祈りとは              

<学習のポイント>

今回も、感想を書いて頂く時間を確保することが出来ませんでした。次回から感想を省いて各々が学んだことを持ち帰り、静寂の中で振り返りをしてもらうことにします。久しぶりにレギュラーメンバーが揃い、穏やかな中にも凜とした空気ただよう交霊会となりました。
祈りについて、シルバーバーチは、「(祈りの気持ちは)愛着を覚える人のみにかぎることは感心しません。それよりはむしろ全人類のためになる方法で自分の精神が活用されることを求めることです。(潮文社 霊訓2 169頁抜粋)」と述べています。この崇高な霊的教訓を軸に、具体的な内容を例に挙げながら、祈りの学習を深めていきました。

*祈りとは光明と導きを求める魂の叫びであること。

*祈りは、より高級なエネルギーとの一体を求めるための手段であること。

*目指す内容が明確になるため、祈りは声に出す方が良いこと。

*正しい動機で祈ること。

*危険下での救急の祈りは、血縁関係の霊、類魂、救急のための霊団など、経験豊かな霊たちが派遣され、保護のためのエネルギーを引き寄せる。(火事場の馬鹿力)

上記が学習内容のポイントです。(参加者5名)

 

次回読書会のお知らせ

6月21日 (金) 10:00~12:00 
神戸市北区民センター 本館4階和室
参加をご希望される方はメールにてお知らせ下さい。
問い合わせ用メールアドレス chiririn9683@gmail.com

 

peraichi.com

2019年4月読書会 学習内容と感想

今月のシルバーバーチのことば
ホームサークルをつくってそこに霊力を顕現させるためには、たいへんな忍耐と交霊会を継続していくための準備が必要となります。イヤな思いをすることのない、本当に心が通い合う人々が同じ目的を持って一つのグループをつくります。そして週に一回、同じ時刻に集まり、一時間ばかり、あるいはもう少し長くてもよいのですが、祈りから始めて受動的な状態をつくります。各自が前もって、本当に自分たちは目的を達成したいと願っているか、心の内を厳しく見つめ、動機や意欲を問いたださなければなりません。人のために役立ちたいとの動機から出発しているなら、粘り強くホームサークルを続けていくことです。もし、動機が面白半分から出ているとすれば、良い結果は得られません。サークルのメンバーが一つの場所に集い、心を一つにし、霊力を顕現させようと願っているなら、そのとき霊力との触れ合いが始まり、徐々にそれが顕現するようになっていきます。私たちの目的は、人目を引くことばかりしたがる見栄っ張りを喜ばせることではありません。人類の霊性を引き上げ、使わずに忘れ去られてきた大霊から授かった霊力をもう一度、見いださせてあげることなのです。 『シルバーバーチの教え(下)p22』

<学習内容>
シルバーバーチの教え(下)第14章 霊界通信の難しさ              
補足資料   あだち・M・りょうた氏訳 ホームサークルから献辞 
        
<参加者の感想>
今回は、時間が押してしまい、皆様の感想を頂くことが出来ませんでしたので、会の雰囲気と学習内容を私見を交えてご報告します。

今回は、レギュラー2人がお休みされ、替わりとはといっては何ですが仲の良いご夫婦が揃って初参加下さいました。いつも人数がそこそこ一定に保たれることに霊界の采配を感じずにはいられません。内容によって その都度参加者が替わることも、霊界の導きの表れでしょう。霊界の期待に万分の一も答えてはおりませんが、少しでも参加者の皆様が霊的人生を送るための一助になればと思います。 

今月はホームサークル(スピリチュアリスト・サークル 交霊会、読書会)の意義について、シルバーバーチの言葉を抜粋しながら学習を深めていきました。

*ホームサークルは 人間側と霊界側の双方に素晴らしいメリットがあること

*サークルを開くにあたっては大変な忍耐と継続するための準備と、そして人のために役に立ちたいという、純粋かつ至高の動機が必要だということ

*会の始めと終わりには、大霊に祈りを捧げ、高級霊界の援助を願うこと。

*邪霊を排除するために、参加者一丸となって会の調和をはかり、特別な先入観を持たないこと。

*霊界の援助はホームサークルだけではなく、他のあらゆる手段で無数の人になされているということ。

上記が学習内容のポイントです。(参加者5名)          

次回読書会のお知らせ
5月17日 (金) 10:00~12:00 神戸市北区民センター 本館4階和室
参加をご希望される方はメールにてお知らせ下さい。
問い合わせ用メールアドレス chiririn9683@gmail.com

peraichi.com

2019年3月読書会 学習内容と感想

今月のシルバーバーチのことば
ここで私自身の使命についてお話ししたいと思います。先ほど申した通り私はさる筋から使命を仰せつかったのですが、そのときこう言われたのです。「使命を果たすためには、あなたは物質界まで降りなければなりません。そして適当な道具(霊媒)を見つけてから、その霊媒と霊的に親近性のある人間を数名選び出し、その霊媒を通してあなたがメッセージを語る場を用意しなくてはなりません。」その言葉通り、私がここへ、あなた方を導いたのです。『シルバーバーチの教え p24』 

<学習内容>
シルバーバーチの教え(上) 編集者まえがき
              ハンネンスワッファー 序文
補足資料   あだち・M・りょうた氏訳 ホームサークルから献辞 第1章

       関西シルバーバーチ読書会 2月3月の学習のポイント 

 <参加者の感想>

*今日は、具体的な実際あった交霊会のなりたち、内容を学ぶことができました。時代が変わろうとも、今私が学んでいる霊的真理のすごさはかわる事なく、すごいことを学んでいるという事を改めて気付かせていただきました。ありがとうございます。

シルバーバーチの普及に尽力された方々に敬意と感謝の気持ちでいっぱいになりました。自分自身の力は微力ですが、サークル活動の中で学び、少しでも近づけたらと思います。

シルバーバーチの交霊会が始まった時代背景、内容、参加していた人々など、そのようなことがよくわかりました。

シルバーバーチの交霊会の様子と時代背景について学びました。交霊会の内容がリアルにわかってなんだか不思議な感覚でした。霊力を降ろすためには霊界への信頼と忍耐とサークルメンバーの調和が大切なんだ、ということがわかりました。霊界の地球浄化への意気込みを感じ、私も頑張ろうと思いを新たにしました。

 次回読書会のお知らせ
4月19日 (金) 10:00~12:00 神戸市北区民センター 本館4階和室
参加をご希望される方はメールにてお知らせ下さい。
問い合わせ用メールアドレス chiririn9683@gmail.com

peraichi.com

2019年2月読書会 学習内容と感想

今月のシルバーバーチのことば
いつどこにいても人のため、世の中のため、人類のためを心がけるのです。自分を忘れるのです。ケチくさい打算の世界に超然としておれるようでないといけません。授かった能力を最大限に発揮して人のために役立てるのです。
シルバーバーチ スピリチュアリズムによる霊性進化の道しるべ p117』

<学習内容>
スピリチュアリズムの思想[Ⅱ] 神について
スピリチュアリズムが明らかにした神観のポイント(3)「愛なる神・究極の愛としての神」
ニューズレター42号「人生の指針`シルバーバーチの言葉`」


<参加者の感想>
*霊的真理を知っている私は自分のために自分が変わるのではなく周りの人をかえることができるよう、自分が変わるのだという意識をもっていくことが、地球浄化につながること、霊主肉従とし、利他愛ができるよう務めたいと思います。ありがとうございました。

*神を愛すること、人間を愛すること、利他愛ということを学びました。神に近づこうとする努力は必要なのだということもわかりました。

*霊的成長には利他愛、他人への奉仕の気持ち、道具意識を持ち、常に何が自分にできるか考えながら生活していく事が大切だと実感しました。自分と気が合う人だけでなく敵対する人たちに、愛や奉仕の精神を持つ事は非常に難しいですが努力していきたいと思います。

*大霊は、すべての人の親である以上`同士が仲良くし、尽くし合うことが願い`なのであるならば、いやだなーーーーーと思ってる人にも、寛容心、慈悲、哀れみ、仁といった神性を発揮したいと思います!!!。

*私一人が霊的成長を望むことは一種の利己主義になるのかと思っていましたが、私が霊的成長をすることで、周囲も少しずつ変わっていき、そんな私を見ることで、他の人たちも霊的成長を望むようになればいいな、と思いました。

次回読書会のお知らせ
3月15日 (金) 10:00~12:00 神戸市北区民センター 本館4階和室
参加をご希望される方はメールにてお知らせ下さい。
問い合わせ用メールアドレス chiririn9683@gmail.com

peraichi.com

2019年1月読書会 学習内容と感想

今月のシルバーバーチのことば

 宇宙は私たちの想像を絶した摂理によって経綸されており、これに私は常に敬虔な敬意を払っています。完全な英知から生み出されたものだからです。誤りというものがあり得ないのです。人間の目から見れば公正とは思えないかもしれませんが、それは限られた一部しか見ていないからです。シルバーバーチのスピリチュアルなQ&A p117』

<学習内容>
スピリチュアリズムの思想[Ⅱ] 神について
スピリチュアリズムが明らかにした神観のポイント(2)
「大霊としての神」「愛なる神・究極の愛としての神」

<参加者の感想>
*神の愛、平等、を感じられれば利他愛の理解も深まると思いました。摂理の法則があるからこそ間違いはない、人間だけが間違え悩むのですね。

*宇宙と自然界のすべての存在ぶ物は、神の創造された摂理によって規制され支配されている事を知りました。すべてのものが規律正しくコントロールされているシステムは奇跡であり、神の存在を否定することはできないと思います。

*自然界の営みを通して神の完璧な完全性を感じてきましたが、その完璧性は宇宙の隅々に至るまで秩序によって経綸されており、それは神の愛によるものだとわかり感動しました。

次回読書会のお知らせ
2月1日 (金) 10:00~12:00 神戸市北区民センター 本館4階和室
参加をご希望される方はメールにてお知らせ下さい。
問い合わせ用メールアドレス chiririn9683@gmail.com

peraichi.com

2018年12月読書会 学習内容と感想

今月のシルバーバーチのことば
大霊の摂理は、すべての子供たちが幸せになるためにもうけられたものです。ところが人間は、自分たちは親(大霊)よりも優れていると自惚れて摂理に背くようになったために、地上にはさまざまな問題が発生するようになったのです。
シルバーバーチの教え 第23章 さまざまな質問に答える p181』

<学習内容>

関西シルバーバーチ読書会HPスピリチュアリズムの思想体系2「摂理観」(3)

<参加者の感想>

*神は私たちが霊的成長をするために摂理を作り、すべての事に神の愛があるということ、困難や苦しみもすべては霊的成長の糧となるので、霊優位にし、利他性をもって生きないといけないなと、再確認させて頂きました。今日もありがとうございました。

*摂理を学ぶことで神の人間への愛がわかりました。自虐行為は負のカルマ、霊を意識しながら生きることが霊性の進化を促すと思い生きます。

*改めて、霊優位になりたい、でありたい、と思いました。神様(大霊)は平等に愛してくれている・・・自分の気になる部分が出そうな時、そうでない普段も、それを思い出したいと思います。本当に、人を見る時も霊的な部分で見ていきたい。感じていきたい。その先に、それが定着して、自分が霊優位になれると思いました。久しぶりの参加、本当に来れて良かったです。

*霊主肉従の状態ではじめて利他的行為が実践できることを知りました。私がこれまで「人のため」と思ってやってきたことは案外自分のためでもあったんだな、とわかりがっかりです。霊主肉従をもっと頑張りたいです。

 

別日読書会(2018/12/6実施)<学習履歴>
スピリチュアリズム普及会 ニューズレター6号 守護霊との二人三脚の歩み

 

次回読書会のお知らせ
1月25日 (金) 10:00~12:00 神戸市北区民センター 本館4階会議室
参加をご希望される方はメールにてお知らせ下さい。
問い合わせ用メールアドレス chiririn9683@gmail.com

peraichi.com

 

 

2018年11月読書会 学習内容と感想

今月のシルバーバーチのことば

霊的真理を説く人には、大きな責任が背負わされています。もしその責任に反するなら、地上生活の間に、または死後その代償を払わなければなりません。時おり私がうんざりさせられるのは、霊界からの`高度な教え`を求めるだけで、何ひとつ困っている同胞のために手を差し伸べようとしない人間がいることです。人は成長するにつれて霊的真理と大霊の摂理を深く理解するようになっていきます。真理の追求ばかりしている人たちが、少しでも地上を明るく住みやすい世界にするために、人々への奉仕に立ち上がるなら、それこそ`最高の教え`を実践することになるのですが・・・
シルバーバーチの教え 第6章 すべてを支配する神の摂理 p103』

 

<学習内容>
東京シルバーバーチ読書会 神戸出張講座のおさらい <意識の変遷>


<参加者の感想>

*霊的真理を手にしている私の責任の重さを感じます。知識は必要ですが、今ある知識でも、十分人に伝えることはできます。自分ができることをしっかりやらねばと思います。

*前回の出張講座の復習をしました。死を自覚することの重要さ、また、それを自覚できず地上にとどまっている霊に対する同情と哀れみを感じました。生きているうちに霊的知識を学ぶことがいかに大切か、また知った以上それをいかさずに過ごすことへの罪の重さも痛感しました。

*死後世界の知識を深めることができて良かったです。霊的知識はお金よりはるかに価値が高い、まさに地上の宝だとあらためて思いました。責任の重さを感じました。


次回読書会のお知らせ
12月7日 (金) 10:00~12:00 神戸市北区民センター 本館4階和室
参加をご希望される方はメールにてお知らせ下さい。
問い合わせ用メールアドレス chiririn9683@gmail.com

 

peraichi.com

2018年10月読書会 学習内容と感想

今月のシルバーバーチのことば

私たちは、大霊(神)とは何かを明らかにしようとしていますが、それは摂理を通して大霊を明らかにすることにほかなりません。私たちは、大霊の摂理をお教えしようとしているのです。それによってあなた方は、摂理と調和した生活が可能になります。
シルバーバーチの教え 第6章 すべてを支配する神の摂理 p105』

<学習内容>

基本的な用語の復習 人間の心と霊

神の摂理について  関西シルバーバーチ読書会HP 参照

<参加者の感想>

◎人間は、多くの法則の中で生かされています。それを神の愛と受け止め間違った摂理に行かないように正しい認識と信仰の必要性を感じます。苦しみ悲しみ痛みを通して一生かけて摂理に沿わせて生きたいと思います。ありがとうございました。

◎すべての人に備わっている`神の分霊`には、意志、感情、知性がバランス良く成長していくと発露するものだと知りました。どんな悪人にも、一見嫌だと思ってしまう人にも、必ず`神の分霊`が備わっていると分かると嫌悪感もなくなり、許す感情がわいてきます。摂理に沿った生き方を心がけたいと思います。

◎摂理を学ぶ、途方にくれますが、日々の生活の中で感性を磨く(感じる)ということでしょうか。今日この頃 スピリチュアリズムを死の間際や認知(症)になってから知らなくて良かったとつくづく思うような場面が多くありました。

◎`大霊による直接の関与などというものは絶対にありません`という摂理を端的に表したことばが印象的でうれしかったです。

◎私たち人間は、神が愛を持って創造されたものだということが良くわかりました。人間は神に本当に愛されており、霊的成長を望まれているのですね。心が温かくなりました。

次回読書会のお知らせ
11月30日 (金) 10:00~12:00 神戸市北区民センター 本館4階和室
参加をご希望される方はメールにてお知らせ下さい。
問い合わせ用メールアドレス chiririn9683@gmail.com

peraichi.com

 

 

 

2018年9月読書会 学習内容と感想

今月のシルバーバーチのことば

あなた(神)は人間に、あなたの聖なる属性を数多くお授けになりました。」
     『シルバーバーチの霊訓(4)』(潮文社) p.222

 

<学習内容>

スピリチュアリズムの思想[Ⅱ] 神について

スピリチュアリズムが明らかにした神観のポイント(1)

「創造主としての神」①、②

 

 

<参加者の感想> 

●今日はスピリチュアリズムの神観を学ばせて頂きました。学ぶ機会がないと、神についての正しい知識が得ることが出来ません。今すぐ理解はむずかしいですが、自分の中で一つずつ落とし込みたいと思います。この読書会に参加する大きな目的は死後の世界があるという事実を一人でも多くの方に伝えることなので知識の必要性を感じました。

 ●「人間の本質は心の最深部に存在する「神の分霊」です」というところ、自分として考えたらうれしいけれど、嫌な人で考えると 信じたくない気持ちになります。でも信じて、憎むのではなく憐れみたいでっす。久しぶりの読書会、やっぱり いいこときけます。 

●今日は神観について勉強しました。漠然とした神の姿が10コのポイントで分かりやすく理解できました。いかに愛され見守られているか実感できました。完璧な摂理の元、私達がいかに生きるか何を考え何を思い何を行動していくかが大切だと思います。すべての人に知らせたい、理解してほしいと強く願います。 

●宗教とは違う神観を学べました。肉体が死んだことをわからないと、地縛霊(悪くなくても)になってしまって、今 それが増えているのだと分かり 伝達できればと思います。 

シルバーバーチだけではなく 高級霊訓(?)からの神観を学ぶこと 知ることが全てのスタートです。かな? 

●今日は神観について習いました。人間は神についての正しい認識がないと間違った生き方をしてしまうことがわかりました。神は文字通り あらゆるもの全ての創造主なんだと思います。

 

次回読書会のお知らせ

10月19日  (金) 10:00~12:00 神戸市北区民センター 本館4階和室

参加をご希望される方はメールにてお知らせ下さい。

問い合わせ用メールアドレス chiririn9683@gmail.com
 
peraichi.com

 

2018年7月読書会内容

1)誰に向けて祈るのか
・祈りの対象は「神(大霊)」だけ

2)いつ、どこで祈ったらよいのか
・いつ、どこで祈ってもよい

3)祈りは皆と一緒にしてもよいのか
・一人で行うことが原則だが、複数で捧げる祈りは大きな力を発揮する

4)祈りは声に出してすべきか
・声を出しても、声を出さなくてもどちらでもよい。

5)神の呼称について
・言語は地上だけの概念。呼称は何でもよい

6)祈りの内容について
・祈りは魂の行、発露である。

 

「私が勧める祈りの言葉は、たった一言しかありません。〝何とぞ人のために役立てる方法を教え給え″――これです。大霊のため、そして大霊の子供たちのために一身を捧げたいとの祈りほど、崇高なもの、偉大な愛、これに優る宗教、これより深い哲学はありません。」  

 『シルバーバーチの教え・上P114』

2018年6月読書会内容

神と人間の関係

 

①霊とは

人間の真実在・人間の本体
大霊の分霊
内在するミニチュアの神

 

②人間にとって神(大霊)とは

創造主

人間の霊的親

摂理

愛の始原

究極の理想目的

全被造物に偏在し、あらゆる万物の内側と外側に存在するもの

 

2018年5月読書会内容

宗教の観点からみたスピリチュアリズムの全体像

 

スピリチュアリズムによる宗教革命とは

霊的真理の普及によって、地球上すべての宗教を大霊の摂理に置き換えようとする大変革のこと

 

霊界・・・すべての霊の信仰対象は大霊と摂理

     すべての霊が神の摂理によって支配されていることを知っている。

     「利他愛の実践」「カルマの清算」によって霊的成長を遂げていく。

     あらゆる点で地上の宗教とは正反対

 

地上・・・霊的成長をなすには、「利他愛の実践」「カルマの精算」にプラスして

   「霊主肉従」を強いられる。

 

今後の展開  

  スピリチュアリズムの霊的真理の普及にともない、地上の間違った宗教は消滅していく。

  

 

 

 

 

 

 

2018年4月読書会内容

スピリチュアリズム計画の全体像>

 

 スピリチュアリズム運動の主役・・・イエスを中心とする高級霊団、霊界の人々

             目的・・・ 人類の霊性の向上と救済

             動機・・・地上の悲劇をこれ以上見ていられない。

                 地球存亡の危機を回避したい。

                 人類愛に基づく、自発的な運動

            展開・・・すでに計画は順調に進んでいる。

                 今は、初期の段階だが明るい展望が開けている。

 

スピリチュアリズム運動の最終目的・・・霊的同胞世界

                   神を中心とする霊的大家族

                   地上天国