北神戸シルバーバーチ読書会 学習記録

北神戸シルバーバーチ読書会 学習のまとめ

2018年7月読書会内容

1)誰に向けて祈るのか
祈りの対象は「神(大霊)」だけ

2)いつ、どこで祈ったらよいのか
・いつ、どこで祈ってもよい

3)祈りは皆と一緒にしてもよいのか
・一人で行うことが原則だが、複数で捧げる祈りは大きな力を発揮する

4)祈りは声に出してすべきか
・声を出しても、声を出さなくてもどちらでもよい。

5)神の呼称について
・言語は地上だけの概念。呼称は何でもよい

6)祈りの内容について
祈りは魂の行、発露である。

 

「私が勧める祈りの言葉は、たった一言しかありません。〝何とぞ人のために役立てる方法を教え給え″――これです。大霊のため、そして大霊の子供たちのために一身を捧げたいとの祈りほど、崇高なもの、偉大な愛、これに優る宗教、これより深い哲学はありません。」   『シルバーバーチの教え・上P114』